大学最後の部員日記

0

    今回の部員日記は、商学部4年今泉智己が担当させていただきます。

    月日の流れは早いもので、つい最近大学に入学したばかりだと思っていたのに気付けば大学卒業を数か月後に控える身となってしまいました。大学生活を振り返ると、私は生活のほとんどを部活動に費やしていました。大学での部活動は私の人生における最大の挑戦でした。中学校からソフトテニスを始め、中学高校と強豪ではない学校の中でプレーしてきた自分にとって、全国大会出場選手がひしめき合う慶応義塾大学ソフトテニス部のレギュラーとして大会で活躍することは大きな目標であり先の見えない長い道のりでした。部活動入部後すぐから、同じ志を持つ同期にも恵まれ、連日のようにコートの利用時間いっぱいまでがむしゃらに練習しました。しかし、それでも自分の実力は思うようには付かず同期がレギュラーとして活躍する姿を目の当たりにして何度も心が折れそうになりました。そんな時に支えてくれたのが、松本さん、武本さん、内田さん、中津さんといった諸先輩方や栗原、尾崎、竹本といった同期の存在です。そのおかげもあり慶応義塾大学のソフトテニス部の代表としてコートに立つことができました。試合結果ではチームの勝利にあまり貢献することができず申し訳ない気持ちもありますが、チーム一人一人の全力の声援を背に受けてプレーした経験は私にとってかけがえのない最高の思い出となりました。ここには書ききれない多くの方々のご支援によって慶応義塾大学の一選手として選手生命を全うすることができました。この場を借りて改めて感謝したいと思います。ありがとうございました。

    これからは、テニスコートという舞台を離れますが、社会人として新たな目標に向けて歩みを進めていきたいと思っておりますので諸先輩方には引き続き今泉智己を応援して頂けると幸いです。私も諸先輩方のしてくれたように後輩達の活躍を応援したいと思います。今までご支援ご声援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

    拙い文章でしたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM